心身症を改善して心にゆとりを~本格フィーリングケア法~

ココロとカラダの病に打ち勝つために

PICK UP CONTENTS

日常的なストレスが原因

医者

心身症は日常的なストレスが貯まってしまうことによって、身体に様々な影響を与えてしまう病気となっています。心の病となっているので、身体面だけでなく精神面での改善も必要です。

READ MORE

心の問題で起こる病気

聴診器

人間はストレスを溜め込む傾向がありますが、一定のストレスが溜まることでそのストレスが身体に影響を及ぼす心身症になる可能性があります。頭痛や下痢の他にも身体面に出る病気は様々です。

READ MORE

必要に応じて薬治療

笑顔の看護時

カウンセリングだけでは心身症の症状改善をすることができないという方もいます。そのような時は心療内科でカウンセリングをするとともに、薬物療法を行なうことで治療を効果的に進めることができます。

READ MORE

同時に対処することが大切

女医

日常生活の中で悩みを抱える人も多いですが、その状態が続くと次第にストレスが溜まってしまいます。溜まったストレスは自律神経に影響を及ぼして、あらゆる病気の発生源となることがあります。こうしたストレスが原因で心身症になる可能性も高いですが、この症状は精神的な要因と身体的な要因を同時に改善しなければいけません。心身症になると循環器系や消化器系、筋肉や皮膚系の病気を伴うことがありますが、人によっては軽い症状の人もいれば、専門的な治療が必要になることもあるので注意しなければなりません。身体的な問題だけではなく精神面からくる問題はどちらも放置をしていると症状が悪化して改善が難しくなってしまいます。どのような疾患でも早期治療をすることにより最悪の事態を回避することができます。心療内科では精神的なものや身体的な症状のどちらも改善できる治療を行なっているので、心身症の治療をするときは専門医と相談をして治療方針を決めていくことが大切です。心身症の問題は人によって状態が異なるので、カウンセリングを通して専門医がその人に合った治療を提案して実行してくれます。心療内科で治療を続けるとともに、日常生活の中でも症状軽減をするために、自分でできることから生活を改善していきましょう。

専門医は、相談を受けると一人一人に合った、これからの日常生活についてのアドバイスをしてくれます。そのアドバイスを参考に、日々の生活に取り入れ実践していくことによって、早く心身症を改善していくことができるのです。心療内科で治療を受けるとともに日常生活の仕方も変えると、より効果的なので、仕事や家庭などで悪影響が出ないよう早めに治療プログラムを決めていきましょう。また、ストレスによって心身症になっているときは、身体の筋肉が硬直していることもあります。オフィスワークなどで座りっぱなしの業務を行っている人は、定期的にストレッチや運動をすることが大切です。ストレッチや運動によって筋肉を柔らかくして、精神的に落ち着くことができます。運動が苦手という方でも、簡単なストレッチやウォーキングなら自分の都合に合わせて気軽に取り組むことができます。食事面でも気を付ける点があります。毎日の食事を栄養バランスを考えることで、栄養バランスが偏ることなく、身体に負担をかけない生活を送ることができるでしょう。負担を軽減することで、症状も改善していくことができるので、やさしい生活を心がけると効果的です。過度にストレスを抱えているときは、周りの人との接触を避けるという人が多いでしょう。しかし、人との交流を遮断してしまうと支えを失ったと感じてしまうこともあるので、症状が悪化してしまう可能性があるのです。なるべく、多くの人と交流をしながら自分の気持ちを伝えておくと周りがサポートしてくれるでしょう。自分に無理をしてしまうと更に社会から目を背けてしまうので、なるべく時間をかけて少しずつ治療を始めていくのが最適です。

Copyright © 2015 心身症を改善して心にゆとりを~本格フィーリングケア法~ all reserved.